トイプードルのドッグホテル

トイプードルのドッグホテル

仙台のトイプードルのトリミングサロン fairyland(フェアリーランド) > トイプードルのドッグホテル

トイプードルのドッグホテル

ドッグホテル

toribar1.gif

当店の価格はすべて税抜き表示となっております

預かり 一律2,000円
ホテル 一泊(24時間)
3,500円

※餌は小分けにしてお泊り日数分ご持参ください

送迎サービス.gif

往復料金
10km以内
700円
往復料金
10km~15km
1,300円
往復料金
15km以上
要相談

※片道の場合は半額となります

hotel2.gif

フェアリーランド(以下「甲という」)は、その提供するペットホテル宿泊サービス及び一時預かりサービス(以下総称して「本サービスという」)の利用規約(以下「本規約」という)を以下の通り定める。
本サービス利用者(以下「乙」という)はホテルお申し込みへの署名により本規約のすべてに同意したものとする

規定の範囲

本規定は、サービスの利用者に関し、甲及び乙に適用されるものとする。
会員
本サービスを利用できるのは、甲店舗の会員である乙及び乙名義の犬(以下「ペット」という)のみである。ペットでない場合は本サービスを利用できないこととする。

サービス利用条件

①甲は、次の各号に該当するペットに対して、本サービスの提供を拒否する権限を有する

●会員登録していない場合
●ペット以外
●生後3か月未満
●13歳以上の場合
●過去に咬傷事故を起こしたことがある
●治療中・通院中
●その他 著しく不潔・体調不良
●本サービス提供に適さないと甲が判断した場合

②乙は本ホテルの利用に際し、下記の物を持参するものとする
●乙の現住所を確認できる免許証等の身分証明書(初回のみ)
●ワクチン&狂犬病の証明書
●散歩用首輪及びリード・おやつ・餌

③本サービスのご利用は、チェックイン(営業時間内)~チェックアウト(翌日営業最終時間)までにお引き受け、お引き渡しを完了するものとする
●乙は予めチェックイン時に、チェックアウトの日時を甲に申告する物とし、当該チェックアウト日時に著しく遅れる場合は甲に連絡するものとする
●乙は、お迎え時間に変更がある場合は、甲に速やかに連絡するものとする。
事前に連絡がなく、お迎え時間を60分以上経過してもご来店がない場合は、規定の延長料金を請求するものとする
●乙による電話等での延泊申請は、最大3日までとし、それ以上の電話での延泊はお断りする場合がある。
●本サービスは予約制であり、事前予約がない場合はご利用をお断りする場合がある。
●乙は予約時間等に変更がある場合は、甲に速やかに連絡するものとする。
 事前にご連絡がなく予約時間を60分以上経過してもご来店がない場合は、自動的にキャンセルとなる。その場合は、甲は乙に対し本規約に定めるキャンセル料金をお申し受けする場合がある。
 ご連絡があった場合でも、他のお客様のご予約時間に影響がある場合は、甲の判断でお断りする場合がある。この場合、甲が乙に対し本書に定めるキャンセル料金をお申し受けることはない。

④キャンセル規定
●本サービスにご利用される予約を頂戴し、当該ご利用予定期間の初日から7日以内の時点で当該予約をキャンセルされる場合、下記の規定に従い乙が負担することとする。
・ご予約の7日前~3日前・・・ホテル料金全額の20%
・ご予約の3日前~前日・・・ホテル料金全額の50%
・ご予約当日又はご連絡無し・・ホテル料金全額の100%

●本サービスをご利用される予約を「仮予約」という形で頂戴した場合、当該ご利用予定期間の初日から起算して1か月前までに、乙による明示的なキャンセル指示がない限り、当該ご利用期間の初日から起算して1か月の時点で、甲への連絡の有無に関わらず当該「仮予約」は自動的に「本予約」になるものとする。本予約確定後は、前項のキャンセル料金が発生することとする。

⑤お預かり時における緊急対応
●本サービス提供中、ペットに何らかの異常が感じられた場合は甲従業員の判断により乙へご連絡の上、甲が指定する動物病院での治療を行う。ただし、乙から事前に申告がある場合は、治療を行わない。緊急を要する場合、又は本書記載の乙の緊急連絡先に連絡が取れない場合(以下「緊急時」といいます)は、甲の判断で必要な対応を行うものとし、緊急時の対応に関して、甲は一切の責から免責されるものとする。
●前項に定めた緊急時の獣医師治療費・薬品代・葬祭費用等の費用は乙の負担とする。
●本サービスの提供は、原則として夜間から早朝までは実施しないものとする。状態管理や把握が遅れることが予想されるので、予め了承することとする。

⑥乙の責任
●本サービス提供中、会員ペットがその直接の行為により、甲または第三の者の資産(キャリーバック・バリケンネル・犬舎・宿泊施設・送迎車両・シンク・ドライヤー・スリッカー等)を破損もしくは汚損した場合、甲または第三者の損害の一部を負担請求する場合がある。
●乙がサービス利用条件①に伴う申告情報を秘匿し、伝染病疾患などの第三者のペットに影響を及ぼした場合は、治療に伴う全ての費用を負担する。

⑦甲の責任
●本サービス提供後、48時間以内にペットの状態に異変が認められた場合、乙に正式に連絡を行った上で治療を行うように努める。その異変の原因が、本サービスに起因するものであると当該獣医師が認定した場合、甲は当該当獣医師によるペットの異変が本サービスに起因するものであるとの旨が記載された合理的な反証のない診断書に基づき(1)本サービスご利用代金(2)当該診察代(3)その他治療に要した合理的な費用を乙に返金する。
●本サービス提供後、48時間以内にペットが死亡した場合、死亡後24時間以内にペットの遺体が獣医師に持ち込まれ、かつ、その死亡原因について本サービスに起因するものであると当該獣医師が認定した場合、甲は当該自由意思によりペットの死亡原因が本サービスに直接に起因するものであるとの旨が記載された合理的な反証のない死亡診断書に基づき(1)本サービスご利用代金(2)当該獣医師による合理的な診察料金(3)会員犬の販売代金、又は甲の算定する販売代金相当額を乙に全額返金する。 ●お預かり中に生じた事故で、甲の過失による死亡・逃亡については、本サービスご利用代金の返還及びペットの販売代金または、甲の算定する販売代金相当額を限度に保証することとする。ただし、特病・特異体質による不慮の事故・天災等による不可抗力に伴う怪我・逃亡・死亡については、甲が責任を負わないことにつき、予め了承するものとする。

⑧免責等
●前条に定める場合を除き、甲は、乙又はペットに対して発生した損害の一切の責任を負わないものとする。
●お渡し日から一週間を過ぎてもご連絡がない場合、乙は飼い主様としての権利を放棄したものとみなし、乙のペットの所有権は甲にあるものとする。

⑨管轄裁判所
●本規約に関する訴訟は、甲の本社が所在する地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とする。

⑩誠実協議
●本規約に定めのない事項又は本規約の解釈について疑問を生じた時は、甲乙誠意をもって協議解決する。協議解決のためには、善意の第三者による調査や検査を受け入れることを認める。